MENU

どうすれば歌が上手くなれるか分からないという悩みはありませんか?

合コンや飲み会の二次会でカラオケに行くというのが定番となっていますが、中には歌が上手に歌えなくて悩んでいるという方もいるでしょう。

 

上手に歌えなくて悩んでいるという方は、歌の練習をすることで上手に歌うことが可能となります。
歌の練習方法としては簡単なものから本格的なボイストレーニングなど様々なものがありますが、上手に歌えなくて真剣に悩んでいるという方は、それらの方法について紹介していくため、実践されることを検討してみてはいかがでしょうか。

歌が上手い人の特徴

まずは歌の上手い人の特徴について把握しておいたほうが良いでしょう。
上手い人で共通していることとしては、高い声でも綺麗に歌うことができるという点です。

 

歌が苦手という方は高い声が出せずに誤魔化したりして声を出すことが多く、こちらを改善することで上手に歌いやすくなります。
高音域の声を出せる他にも、大きな声が出て聞こえやすいという点も挙げられます。

 

大きな声が出る理由としては、お腹から声を出しているためとなります。
苦手意識が高い方は、まずお腹に力を入れて歌うということを心がけて見ましょう。
上手な人は歌を聞き取りやすいですが、発音の仕方も上手いと言われています。
発音が悪いと噛んでしまったり、場合によっては破裂音のような音が出てしまって聞き取りづらい歌となってしまいます。

 

上手な歌を歌うためには、音楽のリズムに乗らなければなりません。
リズムに乗れていない方ですと、音程も少しずれてしまっているため、リズムを取ることも重要となっていきます。

カラオケの上達方法

大きな声を出して歌詞を聞き取りやすくさせるためにも、腹式呼吸の練習を行っていきましょう。
腹式呼吸のやり方としては、息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐く時にはお腹をへこませるように意識していきます。
腹式呼吸は自宅でも簡単にできる方法となるので、普段の生活に取り入れるようにしていきましょう。

 

上手に歌うためには、原曲を何度も聞いてリズム感やテンポを覚えていきます。
歌が下手な方は、耳が悪いと言っているアーティストもいて、耳を鍛えることによって歌を上手にすることができると言われています。

 

さらに自分で歌って録音をし、それを聞いて原曲と聞き比べていきます。
最近では自宅で発生できるように防音マイクと呼ばれるものも販売されているため、そちらを購入して歌うことがおすすめとなります。
ゲーム機でもカラオケのゲームソフトが販売されているので、そちらに防音マイクをつないで、自宅でカラオケを楽しむことも可能となります。

確実に歌が上手くなりたいならボイストレーニング(ボイトレ)をしよう

歌を上手に歌うためには、ボイストレーニングが有効とされているため、ボイストレーニングを実践していくことを検討してみると良いでしょう。

 

ただなんとなく歌って練習を行うよりも、歌うための基本的なことを鍛えることによって、歌が上手くなっていきます。
ボイストレーニングの基本としては、腹式呼吸もその一つとなり、他にも息継ぎの練習や口の開け方、高音域の出し方などを練習していくことになります。

 

高音域は出しにくい音となりますが、練習をしていく内に出せるようになっていきます。
最近では一人でカラオケをすることができる場所も増えてきているので、そちらで練習をするのがおすすめとなります。

歌が上手くなると、人生が変わる!

歌が上手くなることでの一番のメリットとしては、人の前で堂々と歌を歌えるようになるということです。
今までは人前で歌うのが憂鬱になったり、恥ずかしい思いをした経験をしたという経験があるでしょう。
歌が上手くなることでそれらのネガティブな考えを無くすことができ、自信を持って歌うことができます。

 

また、会社の同僚や上司ともカラオケに行く方もいますが、歌が上手いことで意外な一面を見せることもできるでしょう。
合コンなどでも、歌が上手いことで異性からモテるという方も多く、異性からモテたいという方にもメリットはあるかと思います。