MENU

カラオケで高い声が出ないと悲しいですよね

カラオケで折角歌いたい歌を選曲したのに、決めたいサビの部分などで高い声が出なかったり裏声になってしまうということは珍しい事ではありません。
ですが決めたい部分で決まらないと言うのは格好がつかないですし、綺麗に高い声を出したいのに出ないと言うのはどこか悲しい気持ちになってしまいがちです。

 

また歌いたい歌があるのに高い声が出ないから歌えないというのも辛いと言う人は意外と多く、高い声が出ないという悩みを抱えている人は非常に多いようです。

高い声が出ない原因はコレ

そもそも何故高い声が出ないのかと言う原因なのですが、一番の理由として言われているのが「喉が絞まっている」というものです。
どういうことなのかと言うと、まず高い声を出すためには喉をリラックスさせる事が重要視されているので、全身が緊張してしまっている状態ではどんなにトレーニングをしても高い声を出す事が難しいとされています。

 

そのため歌う際に全身に力が入ってしまうとその流れで喉にも力が入ってしまうため、声帯そのものも引き締めてしまいます。
その結果高い声を出そうとしても喉がしまっているため、どうしても出す事ができなくなってしまっているのです。

 

ほかにも最初から高い声が出ないと諦めてしまっていると言う人もいるのですが、実はこの諦めていると言う精神状態は折角高い声が出るような状態になっていても無意識に声を出さないようにしている原因として言われています。
つまり自分自身で高い声が出ないようにコントロールしてしまっている状態も、高い声が出ない理由として考えられています。

自分で出来る高い声を出すための練習法

では実際に自分でも出来る高い声を出す練習法としてはどのようなものがあるのかと言うと、代表的なものとして最近注目を集めているのが「びっくりスローモーション」という練習方法です。
これは喉を痛めないで楽に声を出すための呼吸の方法なのですが、名前の通りビックリしたときの動作をスローモーションで行うことで喉を開いたままの状態にすると言うところが特徴になっています。
これを利用することによって喉が絞まってしまう状態を予防することが出来ますし、リラックスした状態でも高く大きな声を出す事ができるようになります。
しかも喉を痛めずにトレーニングすることができるので初めて利用すると言う人でも安心して出来ますし、気軽にできると言うところがメリットです。

 

それに加えて他にもおすすめされている練習法として「水ジャージャー」や「丹田呼吸法」がおすすめされており、いずれも実際のカラオケ教室で実践されている事が多い練習法となっています。

確実に高い声で歌いたいならボイストレーニングが必要

ボイストレーニングには単純に高い声を出しやすくすると言う効果があるだけではなく、喉や呼吸を鍛える事によって安定した声量を確保する事が出来るようになるという効果があります。
そうする事によって高い声だけではなく低い声も出しやすくなりますし、歌った時の声量や音程そのものを安定させやすくなるという点もポイントになっています。

 

だからこそ確実に高い声で歌いたい・その状態を安定させたいと言う人にとってボイストレーニングは必要不可欠な練習方法となっているので、毎日続けるようにすると言う継続を心がけて練習する事が大切です。

高い声で歌えると、こんなにいいことがある

では実際にボイストレーニングを行って高い声で歌えるようになるとどうなるのかというと、まず自分が歌いたい歌を自信を持って歌う事ができます。
そのためカラオケなどでも一緒に行った人たちから高く評価してもらえますし、何よりも採点結果も高得点を目指せるので単純に歌いたいだけではない欲求を満たす事ができるようになるのです。

 

ほかにも高い声で歌えるということはリラックスした状態で声を出せるようになったということなので、歌うだけではなく日常生活の中でもはっきりと言葉を伝える事ができるなどコミュニケーションの場で活用することができます。