MENU

カラオケで高音が出ないと悲しいですよね

飲み会の二次会であったり、友達と遊びに行くなど様々な場面でカラオケに足を運ぶことがありますが、その場を盛り上げるためにも上手に歌いたいものです。

 

しかし声の出し方を知らない人は地声と裏声を上手に使い分けることができず、うまく声を出すことができないという人も少なくはありません。

 

曲の一番盛り上がるサビでは高音を使う曲が多いのですが、高音が出ないとサビが盛り上がらないので悲しいですよね。
解決するためには、高音を出すということが一番の近道になります。

高音が出ない原因はコレ

まず多くの人が勘違いしているのは、声の出し方です。
歌声は普段しゃべっているときとは違う声の出し方をします。
そのため普段から声の出し方を練習していない人にとっては地声と裏声を上手に使い分けることが難しく、しゃべるときと同じ声で歌おうとすることからのどが緊張してしまい、より音域をせばめてしまいます。

 

これが高音を出しにくくしている原因です。
また無理に地声だけを使おうとしてしまい、地声と裏声を上手に切り替えることができないのも原因です。
音域を広げて高音を出すためには喉を開いたり、お腹から声を出すということを意識しなければなりませんが、これらは決して簡単なことではありません。
当たり前のようにお腹から声を出すことができない人は、いくら意識してもいざマイクを握れば体中に力が入ってしまい、つい喉から声を出してしまいます。

 

自分がどのような声の出し方をしているのかをきちんと把握し、喉だけで声を出すのではなくお腹を含めて体全体から声を出すということを身に着けなければなりません。

自分で出来る高音を出すための練習法

普段しゃべっている声と歌声は違うので、まずは歌声の発声練習をする必要があります。
ボイストレーニングなどに通えば指導してもらいながら上達させることができますが、お金がかかるしなかなか通えないという人も少なくはないでしょう。そういった人は自宅でも簡単に練習する方法があります。

 

まず大切なのは呼吸法です。歌は喉で歌うのではなく体全体で歌うものです。
特に意識しなければならないのがお腹です。お腹から声を出すことによって喉が開き、声量を上げたり音域を広げることができます。
そのため腹式呼吸を身に着けることが大切です。
また腹筋を鍛えることも大切です。

 

お腹から声を出すことに慣れてきたら、次は喉を開く練習です。体の力を抜いて、お腹から声を出しながら音階を歌います。
この時にお腹にだけ意識を向けていてはつい喉が締まってしまうということがあるため、あくびをしているときの状態を保ちながら、喉が筒状になっているのをイメージして行うのがコツです。

確実に高音を出したいならボイストレーニングが必要

リズムをきちんととることも大切ですが、まずは声の出し方を練習する必要があります。
高い声を出す=大きな声を出すと勘違いしてしまっている人が多いため、サビなどの盛り上がる場所になると力んでしまいがちです。

 

まずはリラックスして体中の筋肉をほぐすということが大切です。
リラックスすることによって無駄な力が抜け、のどの筋肉も柔軟になります。するとのどが開きやすくなり、高音を出しやすくなります。

 

「喉で発声するのではなく、お腹から声を出す」ということを常に意識することが大切です。
それを身に着けるためにはボイストレーニングが欠かせません。

高音が出せるようになると、こんなにいいことがある

どんな曲にもメリハリというものがあります。最初から最後まで常に高音なわけではなく、低い部分もあれば高い部分もあるなどの抑揚があります。
高音が出せない人はこのメリハリをつけることが難しいためいわゆる音痴だと思われてしまいますが、高音が出せることによってメリハリがつくため歌が上手くなるのです。

 

高音が出るということはそれだけ喉が開いているということなので、大きな声も出せるようになります。
もちろん音程をとることも大切ですが、それだけではなく更にリズムもきちんととれるようになることによって更に上手くなります。