MENU

腹式呼吸で歌えているかの確認方法。あなたは大丈夫?

腹式呼吸は、カラオケなどで声を出すのに欠かせないテクニックのひとつとして有名で、プロの歌手を目指す人以外でも、身につけておきたい必須の技と言っても良いでしょう。

 

一般的には自然な呼吸の流れを阻害しなければそのままで腹式呼吸が行われていると言われていて、歌っているときにそれを確かめるには、喉が痛くなったかどうかで分かります。
歌っていると喉が痛くなってきてしまう、という人は腹式呼吸で歌えていない状態であると言えます。

こうやって歌う!歌うときの腹式呼吸の仕方

歌をうたう時の腹式呼吸の仕方としては、まずは基本的に、鼻から息を吸うというのを覚えておきましょう。

 

これは、体内に入る空気の量をコントロールしやすくすることで、呼吸を制御し、意識的に腹式呼吸の状態に持って行きやすくするためです。
息を吸うタイミングとしては、歌い始める前に比較的ゆっくりとゆとりを持って、と思っておくと間違いがありません。

 

腹式呼吸と言うからにはもちろんお腹に息を入れるような気持ちで、歌い始める前にゆっくりと息を吸う、たったこれだけで、今までとは見違えるような良い声で歌うことができるようになります。

 

速い曲や元気一杯の曲でも同じで、このような曲を歌うときはどうしても息が上がってきて喉に負担がかかってしまいますが、腹式呼吸でコントロールされた体の状態をキープしながら歌えば、リズム感やテンションの高さなどはかえってアップします。

 

腹式呼吸は、ゆっくり、落ち着いて、お腹の下に向かって吸う、これを覚えておいて下さい。

自分でできる!腹式呼吸の練習方法

歌っているとき以外にも、普段から少しずつ練習を重ねていくことで、腹式呼吸のコツをよりはやくつかむことができるようになります。

 

体のメカニズムとして、腹式呼吸を行なっているときは、息を吸うとお腹が膨らみ、息を吐くときにお腹がへこみます。
人間が寝ているときなどは自然にこのような動きになっていて、これが生き物としてナチュラルな状態なのです。

 

これを意識しながら、例えば通勤や通勤の電車の中や、家でゆったりとしているときなどに、今息を吸ってお腹が膨らんでいるな、息を吐いてお腹がへこんだな、と確認してみましょう。

 

この動きを少しだけ大げさに、勢いをつけてやってみましょう。
案外きついと思いますが、たったこれだけで、腹式呼吸に必要な筋肉を鍛えるトレーニングになるんです。
日常的な自然な動きにプラスするだけで、気が付いたら歌う時の声が良くなっているというラッキーな練習方法ですが、かなり効果的なので是非やってみて下さいね。

腹式呼吸を正しくマスターしたいならボイストレーニング教室に通おう

簡単な原理とトレーニング方法としては、いくつかの方法で自分で練習していくことができます。

 

ですが、自分の声に合った方法など、より精度の高い腹式呼吸をマスターしたいのであれば、プロの先生についてボイストレーニングを受けるのがより効果的です。

 

体の原理や使い方についてもさらに深く学べますし、外側からプロの耳で歌声を聞いてもらいながら、細かい軌道修正を行いながらするレッスンは効果抜群で、上達のはやさも全く変わってきます。
本気で腹式呼吸のマスターを目指すなら、ボイストレーニングを受けることを検討してみましょう。

 

腹式呼吸で歌えるようになると、こんなにメリットがある

腹式呼吸で歌うことのメリットはいくつもあります。

 

まずは、とても分かりやすいところで、純粋に上手い歌がうたえるようになります。
カラオケなどで重要になってくる伸びやかな高音や、張りのある歌声などといった要素は、この歌い方を身に付けることで簡単にマスターできると言えます。

 

また、全身を使った動きになるので、カロリー消費が大きく、ダイエット効果が高いことも分かっています。
歌も上手になって簡単に痩せることもできるなんて、最高だと思いませんか?
メリットも楽しいこともいっぱいの腹式呼吸を、しっかりとマスターしてみて下さい。